目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。

踊れる会社員が、「横浜で2番目に当たる?占い師竹下宏の九星気学」に弟子入り。見習い九星気学鑑定士の日常を綴っていきます。
目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。 TOP  >  スポンサー広告 >  気学  >  旅行 >  方位取り@伊勢その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

方位取り@伊勢その1

今回のお伊勢参り、順路も大事ですが、持ち物も必ず持っていく物とか「これ持っとけばよかった…」と思ったことがあったので、先に書いておきます。

●スーツ
神宮で正式参拝される方は当然必須。
私は、白シャツ+カーディガンの上に黒ジャケット、ひざ下の黒スカート、黒タイツ、黒い靴で、コートを羽織って行きました。
参拝のときはもちろんコートを脱ぎます。

寒い時期はコートもきちんとしたのを着ていったほうが「・・・正装でなければ正式参拝はできません・・・」と毎回言われなくて済みます。(経験談)


●靴
正式参拝される方は、携帯よりデカイ石が敷き詰められたところを歩くので、低めで太いヒールの靴のほうがいいです。


●お賽銭用の小銭
30回分くらいのお賽銭を用意しておいたほうが無難です。
私は途中で足りなくなりました…。


●クリアホルダーとか薄いキャリングケースのようなもの
無垢塩祓いと式年遷宮の奉賛をする方は、神社からいただくものがあるので、角が折れたりするのが嫌な几帳面な方は上記のものを持っていったほうがいいです。


●ハンドクリーム
めちゃくちゃ手を洗いますので(笑)
荒れ性の人は、ハンドクリーム持参をお勧めします(笑)


●ハンカチ多め
同じくめちゃくちゃ手を洗いますので(笑)
私はたまたま薄いタオルハンカチ・普通のタオルハンカチ・ハンドタオルを持ってて、ちょうど良かった感じです。





では、伊勢方位取り旅行、最初からいってみましょう~。


5:15am起床(笑)
お清めのつもりで朝風呂に入りました。
決してパッキングが終わってなかったから早起きしたわけではありません。

そして、いつもお参りに行っている浅草の待乳山聖天様へ行き、「伊勢に行ってきま~す」と報告をしてから、東京駅に向かいました。

東京から名古屋までのぞみ、名古屋でJR快速みえに乗り換えて伊勢市方面へ向かいます。

なお、JRの快速みえは1時間に1本・35分発がほとんどですので、乗り継ぎ時間を考慮して新幹線を取ったほうがよいと思います。

ちなみに、近鉄のほうが本数が多いようです。

ちなみのちなみに、二見興玉神社に行かれる方は、快速みえに乗ると1本でいけるので、JRのほうがいいと思います。



と、ここまでまともに写真も撮ってなかった…と思い、カメラを取り出したところ、電源がうんともすんもと言わない。
前日夜にバッテリーを充電器にセットし、充電ランプが点いていることを確認したにもかかわらず、電源が入らない…。

ムキになって電源ONOFFしまくってるうちにやっと電源が入ったものの、充電しろマークが出て写真が撮れない!

さらにムキになって電源ONOFFしまくって、やっと1枚写真を撮りました。

P1080391.jpg

以前にもデジカメがおかしくなる不思議現象がありました。
 →方位取り@長野その2

方位取りで神様が絡むとなんかしら機嫌が悪くなる私のデジカメ。
きっと神様が「買い替えなさい」と言ってるんじゃ…(ワクワク)
と、思いながら、デジカメをそっとしまい、眠りにつきました(笑)

そして、伊勢市到着。
デジカメの電源を入れてみたら、なぜか電池マークの目盛が2コまで回復している不思議。

P1080392.jpg
ちっ…撮れるじゃないか…。


私が取ったツアーの区間は伊勢市まででしたが、「二見興玉神社で無垢塩祓いを受ける」という任務があったため、この時点の伊勢市はスルーして、二見浦に向かいます。

伊勢計画をしていたときに、たけした事務所の常連さんと話す機会があり、伊勢行きを話したところ「興玉神社もいいですよ~」と教えて頂き、興玉神社を調べてみました。

そうしたら、伊勢参宮前に神聖とされている二見浦で禊をするのが習わしで、現代では興玉神社で無垢塩祓いを受
けることがそれに代わる、ということがわかり、先に興玉神社へ行くことにしたんです。

いや~、ほんといい事を教えて頂きました!
おいっちさん!貴重な情報ありがとうございました!


そして、二見浦に向かう途中、私の方位取りでは恒例の雨が降ってまいりました。

P1080396.jpg
このあと、モーレツに降ってきましたけど、なにか?


二見浦に到着し、ホームにいる駅員さんに切符と乗り越し料金200円を支払います。
ホームにいる駅員さんが改札代わりです。

外に出ると、結構ドシャ降り。
本当は歩いて行こうと思ってたのですが、断念してタクシー乗車。
1メーター630円で到着しました。

P1080400.jpg
二見興玉神社到着。実は、雨+ものすごい風。


P1080402.jpg
興玉さん名物の蛙と夫婦岩。

海岸沿いの参道を強風に吹かれながら歩いて、拝殿のそばまで辿り着くと…

P1080403.jpg
おお~!コレがかの有名な天の岩屋!
(でも、天の岩屋と呼ばれるところは全国に何箇所かある模様。)

P1080404.jpg
うっすらと写ってますが、雨と風がものすごかったです。

横に置いてあるしめ縄ですが、悪いところをこのしめ縄でスリスリしてお納めするそうです。
頭とか顔とかやりたかったんですが、お祓い前に擦り傷だらけになるのもどうかと思い、やめておきました。

拝殿でお参りしたあと、お守り売り場?で尋ねたところ、ココだと教えていただきました。

P1080412.jpg
見えてる引き戸でも、矢印側からでも入れます。


写真を取り忘れちゃったのですが、申込書に住所・氏名・生年月日とたしか「願い事」だったかの欄に「無垢塩祓い」と記入して、初穂料も記入して、申込書を出して、初穂料を渡します。

当然料金表があるわけでなく、「金額は決まってるのですか?」とも聞けず、無垢塩祓いの申込書記入見本が「五千円也」と書いてあったので、5,000円お渡ししました。

「5,000円はちょっと…」と思う方は、受付の巫女さんに聞いてみてください。

そのまま待合室のようなところに通されて、お茶を出していただきました。

P1080408.jpg

P1080409.jpg
落雁?とはちょっと違う、硬い砂糖菓子でした。子供の頃、落雁大好きだったな~。



そして、別室に案内され、いよいよお祓いへ。

神職が祝詞を上げているときには、頭を下げています。
タイミングは巫女さんがその場その場で言ってくれるので大丈夫です。

頭を下げる角度は、多分平伏がよろしいかと思います。

途中で、玉串を捧げます。
これも巫女さんが教えてくださいますが、時計回しで回して根本を向こう側にして捧げます。

私は勉強不足だったので、ご祈祷を受けるときの作法を全く知りませんでした…。
ホントにすみませんでした…。

ご存じない方は、平伏や玉串拝礼、神前への進み方など、事前に勉強されておくとよいと思います。

※ネットで検索したら、岩手県の瑞祥鶴ヶ峰熊野神社さんのホームページに詳しく書いてありました。

不躾ながらも、なんとか終了。
神職は若いお兄ちゃんでしたが、「これから伊勢に行かれるんですか?」と世間話してくれて、無垢塩祓いが禊代わりである説明もしてくれ、最後には「伊勢参宮を無事に回られますよう」と言ってくださいました。
兄ちゃん、若いわりにやるね~。

退出際に巫女さんから紙袋をいただきました。

P1080410.jpg
なんかいろいろいただきました。
これをキレイに持ち帰りたい方は、要クリアファイル。

P1080413.jpg
ここにも蛙。

P1080414.jpg 
こちらにも蛙。
興玉神社の神様(猿田彦大神)の使いが蛙だそうです。
 
帰りは、雨もやんできていたので歩いて帰る事にしました。
途中でコンビニに寄ったりちんたら歩いていたので20分弱かかりましたが、ちゃんと歩けば15分程度だと思います。

P1080416.jpg
二見浦駅舎。夫婦岩がモチーフですよね。

P1080418.jpg
周辺マップ。黄色いルートを通って帰って来ませんでした・・・。

P1080419.jpg
料金表。


ここで残念なお知らせ。
私が到着したのは、15:37

P1080420.jpg
15:36・・・orz

みなさま、帰りの電車の時間は先に調べてから行きましょう・・・。

ま、しょうがないので近所を徘徊することに。


そこで見つけたのが、旭家酒素饅頭さん。

P1080430.jpg
なんと大正2年創業。

P1080429.jpg
安い!

P1080433.jpg
小ぶりだったので2個買いました♪
もっちりした薄皮と適度な甘みのあんこ、超美味しかったです!

おばあちゃんが包んでくれて、お天気の話をして、興玉神社へ行ったけど雨と風が強くて傘がさせなかった、と話したら、「それだけ苦労してお参りしたんだから、ご利益あるよ~」と言ってくれました♪

伊勢の人たちは良い人ばかりだ~♪

いい気分で駅に戻ってきたところで、ちょうど雨が降って来ました。
そこで、隣に座ってたご夫婦が「雨止むって言ってたのにね~」という会話をしていて、いたたまれなくなったのは既出で。

二見浦駅はたぶん無人駅?で、切符売場もありません。
なので、じゃんじゃんホームに上がっていって、そのまま電車に乗ります。
料金は、到着駅で改札の駅員さんに言って支払いました。

次は外宮です!

[ 2012/03/27 23:59 ] 気学 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チエゾー

Author:チエゾー
「横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学」でプロ養成コースに参加中。竹下流気学では「超攻撃型宇宙人・器用貧乏の相」と分類されています。
会社員の傍ら、ピラティス指導者の資格も持ち、さらに見習い占い師で趣味はダンスという器用貧乏全開なワタシ、果たして「器用貧乏」のままか?「多芸多才」と呼ばれる日がくるか?
そんな 器用貧乏 多芸多才な日常を綴っていきます。

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。