目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。

踊れる会社員が、「横浜で2番目に当たる?占い師竹下宏の九星気学」に弟子入り。見習い九星気学鑑定士の日常を綴っていきます。
目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。 TOP  >  プライベート >  プロに確認するのは大事。

プロに確認するのは大事。

5年位前から股関節に違和感があり、3年前に劇的に痛みが出て整形外科で診察してもらってから、定期検診を受けています。

私の股関節は「臼蓋形成不全」というものらしく、大腿骨を受ける骨盤側の受け皿が生まれつき浅いらしく、浅いせいで股関節が不安定になってグラグラすることで股関節に損傷が出る・・・みたいな状態なのが現状です。

で、これ以上ぶっ壊れたら人工関節、と言われていて、できるだけそれは避けたいので運動は控えめにしてストレッチをそーっとやるくらいにしていたのですが、残念ながらこのところ不調が続いてました。

なんらかの形で踊ることは続けたい、サンバも細く長く続けていきたいと思っているので、これはちょっとなんとかせねば・・・と整形外科の先生に保存のための運動療法を教えてもらうことにしました。

まあ、4ヶ月前の検診で「次の検診の時に資料渡すね」と言われてたんですが、すっかりお忘れになってたので郵送してもらったんですが(笑)


151111_231921.jpg



いただいた資料には、既にやってた大腿筋膜張筋のストレッチや予想してた中殿筋や大殿筋のトレーニングなどが載ってましたが、意外や意外、胸骨や肩甲骨などの胸や背中のストレッチなどもリハビリメニューに入っていました。

股関節と胸なんて一見無関係のように見えますが、上半身の柔軟性・自由度が下がることも股関節に負担がかかる要因のひとつだということらしいです。

まあ、身体は繋がってますからね…。


気学でも同じようなことがあって、私にも経験がありますが、占い教室を受講して自分で自分の吉方位を見られるようになると、鑑定を受けずに自分の判断で時期や行き先を決めるようになるのですが、ちょっと慣れたころに失敗してたりしてました・・・。

実は、それに気がついたのは、プロ養成コースに入ってからでした^^;

やはりプロは間違いのないように修行を重ねてきているわけですから、プロに確認するのが一番です。


身体のこともピラティスの養成コースで解剖学があったのである程度は予想してましたが、やっぱりお医者様にしっかりお伺いしておいてよかったです。

あとは、ちゃんとリハビリメニューを続けることなんですが・・・。
「続ける」ってのが一番ハードル高いですね^^; 


[ 2015/11/11 23:59 ] プライベート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チエゾー

Author:チエゾー
「横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学」でプロ養成コースに参加中。竹下流気学では「超攻撃型宇宙人・器用貧乏の相」と分類されています。
会社員&竹下流気学に加えて、趣味はダンスという器用貧乏全開なワタシ、果たして「器用貧乏」のままか?「多芸多才」と呼ばれる日がくるか?
そんな 器用貧乏 多芸多才な日常を綴っていきます。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -