目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。

踊れる会社員が、「横浜で2番目に当たる?占い師竹下宏の九星気学」に弟子入り。見習い九星気学鑑定士の日常を綴っていきます。
目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。 TOP  >  スポンサー広告 >  プライベート >  しっかりした説明は、やっぱり大事。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しっかりした説明は、やっぱり大事。

今年に入ってから漢方薬を飲み始めていたのですが、最初に行き始めた漢方薬局がまさかの閉局。

うーん、さすが★大凶続きの三碧・・・。

別のところを探して通っていましたが、諸事情により白金にある北里大学の東洋医学研究所へ行くことにしました。


150610_232130.jpg



これが、すごく丁寧に診察してくれて、話もしっかり聞いてくれる、そしてなにより、今の自分がどういう状態なのか、どういうところを改善しなければいけないのか、その中でも何を優先するべきか、というのをきちんと説明してくれました。

しかも、処方される煎じ薬も、詳細がちゃんと記載された紙と一緒に出してもらえました。

最初の漢方薬局も説明はしてくれたのですが、それ以上にしっかりと説明で、閉局してからモヤモヤっとしてた部分が、説明を受けてクリアになりました!

どこをどう改善するためにどういう処方、というのは、お医者さんはもちろんわかっているのでしょうが、素人ではわからないことがあるにしろ、やっぱりきちんとした説明がないとモヤッとするもんですね。

「インフォームドコンセント」とでも言うんでしょうか。


現在、一身上の都合により、私は鑑定業務をお休みしていますが、鑑定でも全く同じことが言えるよな~、と帰る道すがら考えておりました。

問診をし、その人の状態を把握して、どこに原因があって今どういう状態になっているのか、そして、あるべき姿はどういう状態か、そこへ向かうためには何が必要なのか、やるべきことがいくつかあるのならなにを優先してやるのが良いのか、それをいかにわかりやすく心に残るように伝えるか。

当たり前のことですし、たけした流気学ではその点を徹底的にトレーニングするのですが、それらはやはり一番大事なことだと、改めて感じることとなった漢方診察でした。



[ 2015/06/11 23:33 ] プライベート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チエゾー

Author:チエゾー
「横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学」でプロ養成コースに参加中。竹下流気学では「超攻撃型宇宙人・器用貧乏の相」と分類されています。
会社員の傍ら、ピラティス指導者の資格も持ち、さらに見習い占い師で趣味はダンスという器用貧乏全開なワタシ、果たして「器用貧乏」のままか?「多芸多才」と呼ばれる日がくるか?
そんな 器用貧乏 多芸多才な日常を綴っていきます。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。