目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。

踊れる会社員が、「横浜で2番目に当たる?占い師竹下宏の九星気学」に弟子入り。見習い九星気学鑑定士の日常を綴っていきます。
目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。 TOP  >  スポンサー広告 >  プライベート >  クルム伊達公子選手、涙から一転、ダブルス勝利。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クルム伊達公子選手、涙から一転、ダブルス勝利。

朝のニュースで、クルム伊達公子選手が記者会見で、顔を両手で覆って泣いているのをみて、衝撃でした。

「先が見えない」「立ち向かう強い気持ちが出ない」という言葉も出て、かなり弱っているご様子です・・・。

「そういえば同じ歳のはず・・・」と思って確認したところ、やはり1970年生まれで同じ歳の三碧木星。

年の運勢が、去年・今年と2年連続★大凶で、おまけに1月の運勢も★大凶。
しかも今は色々なことが不安定になる土用期間。

闘争心の塊のようだといわれるクルム伊達公子選手が、気弱になってしまうのも仕方がない運勢ですね・・・。


気学上では、綿密な計画のもとにコツコツと行動することを好む・向いているというタイプに分類されるクルム伊達公子選手が、故障によって満足に練習もできないまま試合に挑んだのは、本当に不安でたまらなかったのではないかと想像しています。

人見知りの相も出ているので、本来なら大勢の人の前では仮面をかぶり、自分の本音をさらけ出すことはないタイプのはずですが、そんなタイプの人が、記者会見という場で、涙しながら弱気な発言をする、ということは、相当キテたんじゃないでしょうか・・・。

世界で活躍するようなホンマモンな人でも打ちひしがれてしまう★大凶なんですから、ほんの一般庶民の私がバーサク状態になるのは当然。(`・ω・´)キリッ


しかし、クルム伊達公子選手はやっぱり違いました。

涙の記者会見の翌日に出場したダブルスでは、15歳年下のケーシー・デラクア選手とペアを組んで、逆転勝利。


KDK01211.jpg
テニスデイリーのサイトより拝借



ちなみに、このペアを組んだケーシー・デラクア選手、気学上では攻撃型宇宙人でリーダータイプに属する人です。

クルム伊達公子選手は、守備型地球人のNo.2タイプで、リーダーの元で行動することで本来の能力を発揮するタイプなので、15歳年下とはいえ、リーダーとNo.2の組み合わせは無意識にしっくりきてるのかもしれません。

「もう無理だと思って、ケーシーの次のシングルスの対戦相手の作戦の話をしてた」と、試合にこだわりすぎずに開き直って気持ちを切り替えたのも良かったんでしょうね。


三碧木星は、年の★大凶はあと1年続くうえに、この先の月の運勢の流れも正直言って良くないのです。

当分は、気持ちが弱くなってしまうことの連続になってもおかしくありません。

抱え込みすぎて心が折れてしまう前に、信頼しているスタッフやトレーナーに心の内をしっかり吐き出してストレスをこまめに開放して、無理しすぎず、石橋を叩いて叩いて叩いて渡らないくらいの慎重さを持って、故障に気をつけながら今シーズンを過ごしていただきたいです。

同じ三碧木星として応援しています!


[ 2015/01/22 15:51 ] プライベート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チエゾー

Author:チエゾー
「横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学」でプロ養成コースに参加中。竹下流気学では「超攻撃型宇宙人・器用貧乏の相」と分類されています。
会社員の傍ら、ピラティス指導者の資格も持ち、さらに見習い占い師で趣味はダンスという器用貧乏全開なワタシ、果たして「器用貧乏」のままか?「多芸多才」と呼ばれる日がくるか?
そんな 器用貧乏 多芸多才な日常を綴っていきます。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。