目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。

踊れる会社員が、「横浜で2番目に当たる?占い師竹下宏の九星気学」に弟子入り。見習い九星気学鑑定士の日常を綴っていきます。
目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。 TOP  >  スポンサー広告 >  プライベート >  私の常識、みんなの非常識?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私の常識、みんなの非常識?

カラオケ大会だったはずなんですが、バリバリ筋肉痛のカマダです。
「女々しくて」を全力で踊ったのが、筋肉痛の原因じゃないかと思ってます。



いやしかし、いつの間にか私の中でカラオケは「踊るもの」になってて、実はそれは世の中の少数派らしい、ということを実感しました^^;

まあ踊るだけじゃなくて、入れる合いの手やヒューヒューいう声の大きさも、ちょっとズレてる模様です。

少年隊の仮面舞踏会で「Tonight ya ya ya ya ya tear!」の合いの手に「ティア ティア ティア ティア!!」と入れるのは万国共通だと思ってました…。

思い起こしてみれば、これまで参加してきたカラオケのほとんどが体育会系メンバーやチア関連・サンバ関連という、カテゴリが偏ったものなので、私の中に培われた「本気で踊る」「合いの手も全力」というカラオケの常識?も偏ったものだったんですね…(苦笑)


今日は、筋肉痛の体を引きずって浅草の待乳山聖天様にお参りに行きながら、「あの差は、気学で集団的性があるとか人見知りの相が出てる、とかいう差じゃないよな・・・」と取り留めもなく考えてました(笑)

気学で全く同じ性格や能力を持っている人でも、それまでの育ってきた環境や周りの状況やどんな経験をしてきたかで、表面上は全く違うタイプになっている人もいるくらいですからね。


でもま、常識?が違っても、全力で踊ってるアホな様子の私を見て、ご一緒した皆さんが楽しんでくださったんなら、嬉しい限りです(笑)



しかし、久々に靴で踊ったので、足元の事前ケアするのを忘れてたことに今更気が付きました。

昔から靴で踊る際には足の爪を短くしておかないと、靴で圧迫されたことによって足の爪が青くなってしまう体質?なので、事前ケアが必須でした。

最近は、サンバで踊るときはオープントゥサンダルなので、足の爪が圧迫されることがないため、青くなることもありませんでした。

何事も、久々だとやらなきゃならないこと忘れちゃいますね。
つっても、そんな大げさなことではないんですが(笑)


130623_220117.jpg
後出しで短くカットした、まだ色づいてない人差し指と中指。
さてどこまで青くなるでしょう?




[ 2013/06/23 23:59 ] プライベート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チエゾー

Author:チエゾー
「横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学」でプロ養成コースに参加中。竹下流気学では「超攻撃型宇宙人・器用貧乏の相」と分類されています。
会社員の傍ら、ピラティス指導者の資格も持ち、さらに見習い占い師で趣味はダンスという器用貧乏全開なワタシ、果たして「器用貧乏」のままか?「多芸多才」と呼ばれる日がくるか?
そんな 器用貧乏 多芸多才な日常を綴っていきます。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。