目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。

踊れる会社員が、「横浜で2番目に当たる?占い師竹下宏の九星気学」に弟子入り。見習い九星気学鑑定士の日常を綴っていきます。
目指せ多芸多才?見習い九星気学鑑定士の日記。 TOP  >  気学 >  水晶の賞味期限。

水晶の賞味期限。

水晶のお話の続きです~。


130522_165254.jpg
今日はノートパソコンに鎮座する運ちゃんとうんたま君(台座)。


水晶って石だし、未来永劫・エンドレスで使える…、と思いませんか?
私は思ってました…orz

でも、実は、水晶にも賞味期限=寿命があるんです。


昨日のネタに書きましたが、水晶はガードマンの役割も果たしてくれています。

屈強なガードマンだって、休息が必要ですし、ガード中にひどく攻撃されれば傷つきますし、それが何度も何度も繰り返されれば疲弊してきます。

銃で撃たれて当たりどころが悪かったり、手りゅう弾なんか投げつけられれば、残念なことになってしまうのは当然です。

水晶もそれと一緒で、環境によって疲弊度合いが変わり、それによって賞味期限が変わってきます。


■まずは休息させることが大前提。

屈強なガードマン(もうしつこいか)も、不眠不休でガードし続けていたら、いくらなんでもぶっ倒れます。

サービス残業バリバリ当たり前、月間労働時間300時間とか400時間とかのブラック企業みたいな働き方を、水晶にさせてませんか?(笑)


ということで、水晶も休息が必要です。それは「浄化」です。

浄化には、一般的に言われているような、日光浴、月光浴、ざらめ水晶やクラスター水晶での浄化、ホワイトセージで燻す、水洗いなどの方法があります。

水晶によって向き不向きがありますので、ググってみていただくか、「6月を乗り切る必須アイテム」に掲載の商品にオススメの浄化方法がかいてありますので、ご参考ください♪

もうひとつ、水晶の種類を選ばない方法があります。
それは、水晶を方位取りに連れて行くことです。

昨日も書きましたが、自分から溢れでた良い気を水晶が貯金してくれますが、それで水晶自身もリフレッシュできる、というわけです。

もっとクリアにするために、砂浜に埋めたり、海につけたりするとより良いのですが、いつもいつも海のあるところに方位取りへ行くわけではないので、砂埋め・海水浴はできるときだけで大丈夫ですよ。


砂に埋まる効能については、こちらをどうぞ。人も水晶も一緒です。



ちなみに、浄化は月1回程度でよいようです。
お好みで浄化回数を増やしても、全く問題ありません。

最低でも月1回は浄化してあげましょうね。



■休息を与えたうえでの賞味期限。

リフレッシュもしてやる気十分の水晶さんですが、あの小さな身体なので、長年働いていると疲弊してしまうのはしょうがないことなのです。

疲弊してガード能力が衰えてきたら、待っているのは「引退」への道です。


それでは、賞味期限の目安を記載しましょう。

※過去の症例から割り出したもので、あくまでも目安として参考にしてください。


●平穏な日々をお過ごしの主婦、事務職などの会社員 → 5~10年

●裁判、いじめ、嫁姑、等のトラブルがある人 → 3年

●営業職、水商売、芸能人、アナウンサー → 2年

●医師、弁護士、占い師、持病がある人 → 1年

●重病担当の医師、精神科医、風俗 → 半年



見ていただいておわかりかと思いますが、対峙する相手や対峙することのハード差が上がるのに比例して、賞味期限が短くなっていきます。

ちなみに、この賞味期限の目安は、いつも身に着けている水晶や小さい置型水晶が対象となります。

大型の置型水晶やルチルクォーツなどの濃い色がついている天然石は、引退の必要はない、という現時点の見解です。(この見解は変わる可能性もありますのでご了承を。)


■賞味期限内でもありうる『殉職』。

最後まで勤めを全うしたい、と思うのは、私達も水晶も一緒ですが、ハードな環境に置かれるとどうしても起こりうるのが「殉職」です。

水晶が身を呈して人間本体をガードしてくれるので、強烈な邪気にさらされると、一気に消耗して燃え尽きてしまいます。


下記のような場合は、買ったばかりでも引退させてあげましょう。


●すごく綺麗だったのに、明らかに白濁したりつやがなくなった場合
→『燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな・・・』ってことです。

●ぶつけてもいないのに、不自然に大きくひびが入った場合

●ブレスレットで、ゴムまたはワイヤーが何もしていないのにカッターで切ったようにスパッと切れている場合

●うっかり★大凶方位へ連行してしまった場合



最後の★大凶方位への連行は、邪気ではなく、強烈な悪い運気にさらされますので、水晶が悪い運気に染まってしまうからです。


ちょっと話はそれますが、現代を生きて仕事をする上で、会社の出張などは避けて通れない方もいらっしゃると思います。いつも吉方位ばかりならよいですが、どうしても★大凶への出張も出てくるでしょう。

そんなとき、水晶には本当に申し訳ないのですが、身代わりの水晶を身につけて、水晶にある程度ガードしてもらい、人間本体への★大凶方位の悪影響をできるだけ少なくする、という手段もあります。



最後にもうひとつ、これは諦めましょう。

●激しくぶつけて割れてしまった場合

割れてしまうと鋭利になるので、普通に危ないです。
物理的に破損させてしまったときは邪気・悪い運気とは無関係ですが、単純に危ないので使用するしないは自己責任で。

ま、自分の不注意と思って、泣く泣く諦めたほうがいいでしょう。



■長くお勤めしてもらうコツ。

我々をガードしてくれる水晶、できるだけ長くお勤めしてもらうためには休息も必要ですが、もうひとつコツがあります。

シフト制の導入です。

一人しかいないと、どうしても20連勤・30連勤になるのが当たり前ですが、当然のことながら担当者が2人・3人になれば、シフトを組むことが可能です。


例えば、ローズクォーツのブレスレットを3本持っていたとします。

方位取りで3本まとめて持っていって全員にバカンスさせ、戻ってきたら、ローズA→ローズB→ローズCと1週間づつ交代でつけて、身に着けていない間は粗塩や岩塩フレークなどの上でお休みさせておきます。

そうすることで、一人だったら月1回のバカンスのみだったのに、バカンス+最低でもオフ2週間は保証されます。

なんて充実した福利厚生制度…。


靴なんかも、毎日履きづつけるよりは交代で履いたほうが長持ちする、と言われますよね。それと一緒です。




ということで、私が何本もブレスレットを持っているのは、交代要員と身代わり要員だったんですね~。ここに辿り着くまでに随分長い説明になりました(笑)


こんな感じで、いつも身に着けている水晶を「マイ・ボディガード」と思ってみると、ちょっと見方が変わるんじゃないでしょうか?


声もあげずに頑張っているアナタの水晶、愛でてあげてくださいね~。









[ 2013/05/22 18:47 ] 気学 | TB(0) | CM(2)
よくわかりました
ものすごくわかりやすい解説をして頂き、ありがとうございました。
シフト制は「目からウロコ」でした。
沢山の疑問が解決しましたので、参考にさせて頂きます<m(__)m>
[ 2013/05/23 06:41 ] [ 編集 ]
Re: よくわかりました
のんぴ様

コメントありがとうございます。

2日に分けて、しかもかなりの長文になってしまいましたが、お付き合いいただき、ありがとうございました~。

少しでも参考になれば幸いです♪

[ 2013/05/23 10:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チエゾー

Author:チエゾー
「横浜で2番目に当たる? 占い師 竹下宏の九星気学」でプロ養成コースに参加中。竹下流気学では「超攻撃型宇宙人・器用貧乏の相」と分類されています。
会社員&竹下流気学に加えて、趣味はダンスという器用貧乏全開なワタシ、果たして「器用貧乏」のままか?「多芸多才」と呼ばれる日がくるか?
そんな 器用貧乏 多芸多才な日常を綴っていきます。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -